紙媒体で知らせる場合

よりターゲットを絞って知らせたい場合などには紙媒体で知らせることを選ぶでしょう。ここでは、紙媒体で知らせる場合のメリット・デメリットなどを紹介していきます。ぜひ参考にして、あなたの視野を広げてみてください。

紙媒体で知らせる場合にしなければならないこと

紙媒体で知らせる場合のメリット

紙媒体で知らせる場合のデメリット

インターネットで知らせる場合

より広い範囲の人に知らせたい場合などにはインターネットで知らせることを選ぶでしょう。ここでは、インターネットで知らせる場合のメリット・デメリットなどを紹介していきます。ぜひ参考にして、より良い知らせる方法を見つけてみてください。

インターネットで知らせる場合にしなければならないこと

工場で働いてくれる人を探す場合、インターネット上で求人情報を出すのが最も効果的です。全国規模で人を募集することができるので、多くの優秀な人材を集めることができます。ただ、その場合はどこの求人掲載サ…

インターネットで知らせる場合のメリット

インターネットで求人を知らせるメリットには、職場の実際の雰囲気を伝えられるという点があります。給料や勤務時間、勤務日数などの基本的な情報は紙媒体でも伝えられますが、より具体的な情報を伝えるのは難し…

工場の求人を見る上での注意

日研トータルソーシングの求人は様々なサイトや雑誌で見ることができます。様々なものを比較して自分に合った職場を見つけられるようにしましょう。

インターネットで知らせる場合のデメリット

他の求人に埋もれやすい

インターネットによる求人広告は出しやすいことは確かですが、それは他の企業や工場でも同じことです。たくさんの求人広告がインターネット上に溢れていますし、その分求人が他の広告に埋もれてしまう可能性も否定できません。ネット検索は条件を絞って検索することもできるので全く見つけてもらえないわけではありませんが、全ての条件が合致して初めて求人が表示されるのでなかなか目に付くのは難しいでしょう。まずは働きたい地域がマッチし、勤務形態や仕事内容も条件に照らし合わせてようやく出てきた候補から選んでいく、この方法では偶然求人が目に付くことはなかなかありません。また、どの求人サイトに掲載するかも重要です。あまりアクセス数が多くないサイトに掲載しても、求人を見つけてもらえる可能性は低いからです。

意外とターゲット層が狭い

例えば、パソコンやスマートフォンの操作に慣れていない高齢者にとっては求人情報を探すだけで一苦労です。年齢にこだわらず工場で働いてほしい場合、インターネット求人に辿り着くまでの段階で脱落してしまう可能性があります。また、前述の説明のように、インターネット求人は条件を絞り込んで検索するので、意外とターゲット層が狭くなりがちなのも事実です。全国誰でも求人情報を検索できる反面、こうしたデメリットがあることを覚えておきましょう。また、工場の求人を探している人は当たり前ですが、すでに工場の求人に興味を持っている人だけです。とりあえず転職を考えていて、その結果たまたま目についた工場の求人が良さげだったので応募したというようなケースがほとんど生まれないのもインターネット求人の特徴です。

© Copyright Offered Factory Job. All Rights Reserved.