紙媒体で知らせる場合にしなければならないこと

紙媒体の特性を押さえよう

工場の求人は日本全国各地にあり、それぞれの地域特性に応じた求人が展開されています。例えば、自動車関連の会社が多い愛知の場合は当然自動車関連の工場の求人が多いですし、水産業が盛んな北海道は水産加工の工場の求人が多く募集されています。全国各地に豊富に存在している工場の求人を求職者に対してしっかりと届けるためには工夫が必要です。特に紙媒体で募集をする場合には注意しましょう。紙媒体はウェブ媒体と比べて表示出来る情報量に限りがあります。ウェブ媒体であれば制限はあるものの、伝えたい情報はある程度網羅して掲載する事ができますが、紙媒体ではそうはいきません。スペースに限りがある上に大きなスペースを確保する場合、費用が多く掛かってしまいます。紙媒体での求人は情報量の精査をするか、費用を多くかける必要があると覚えておきましょう。

紙媒体で求人する場合のポイント

紙媒体で工場の求人を知らせる場合、自社求人の訴求ポイントを整理する事が大切です。例えば、祝い金がある、無料の寮がある、あるいは福利厚生が充実しているなど自社の魅力となるポイントをしっかりと分析して提示する事が重要となります。また、掲載出来る写真の数はウェブ媒体と比べて限られるので、目を惹く画像を作成する事も大切なポイントです。客観的に他社の求人を見て、目を惹く画像制作に活かしましょう。紙媒体と言えど、数百件の求人が掲載されます。その中で目を止まらせるだけでも想像以上に大変な事です。目を止まらせる為の画像制作を甘く見ずに、適切な費用と工数をかけて作り込んでいきましょう。1つのフォーマットが出来れば、あとは使い回せるので長く使い続ける事が出来ます。

© Copyright Offered Factory Job. All Rights Reserved.