紙媒体で知らせる場合のデメリット

全国的に求職者を募集するには向いていない

紙媒体での募集はどうしても限定的になりやすく、国内全域に向けて求人情報を紙媒体で伝えるには相応のコストを捻出しなければなりません。全国的な求人の募集という意味では、印刷する必要がないデジタル媒体の方が優れているため、わざわざ紙媒体で工場の求人を出す必要性はないでしょう。また、紙媒体の求人を出す場合、新聞に挟むチラシとして印刷しているケースも多いのではないでしょうか。しかし、新聞を取らない若者が増えている現状を鑑みるに、必ずしも新聞に入れておけば多くの人の目に留まるとは限りません。一見すると多くの人に見てもらえると考えてしまいがちですが、紙媒体の求人を頼る人自体が減少していることにも目を向ける必要があるでしょう。

全ての情報を伝えられない

求人情報をどれだけ記載できるかは紙面サイズに依存します。また、一つの紙に複数の求人情報が掲載されている場合、基本的な情報しか記載できない可能性も高く、他の求人と差別化することは難しいでしょう。伝えたいことを精査して、最低限の情報しか伝えられないことが多いのは間違いなく紙媒体のデメリットと言えます。デジタル媒体なら情報量の制限なく、伝えたいことはほとんど伝えられますし、一言コメントのようなものも残すことができます。また、簡単に修正できないことも紙媒体のデメリットの一つです。後々募集人数を変更せざるを得なくなったり、すでに募集人数分集まってしまった場合などでも、一度印刷された内容を変更することはできません。

© Copyright Offered Factory Job. All Rights Reserved.